2015年06月03日

摂食障害をどうやって治せばよいか


摂食障害には過食、拒食、過食嘔吐、過食拒食のラピットサイクル、普通食嘔吐、下剤使用、チューイング等様々な症状として表れる場合が多いです。


症状も長期化する場合や、一度治まってもまた再発することが多い病気でもあります。


摂食障害はただ食べたいから、太りたくないから、痩せてきれいでいたいからと言った単純な理由からなる病気ではありません。


摂食障害は精神病の中でも治療の難しい病気であり、薬物療法やカウンセリングだけではなかなか思うように回復しないのが現状です。


それは、根本原因を正しく見立てそれに適した治療法がなされていないからです。

まず、根本原因として良くあるケースが機能不全家族、つまり成長過程において本来の家族として機能がなされず、そのためアダルトチルドレンが原因になっているケースも多くあります。


また、完璧主義など極端な性格や気質からストレスとなり脳に機能異常が起こり異常思考が起こる場合もあります。


また、仕事や人間関係により強いストレスが長期的に加わり脳の機能障害を起こしていたり、呼吸が狭くなっていたり、血流障害が起こっている場合も多くあります。


脳の視床下部や下垂体、海馬といった原始脳に機能障害がおこり本来自動制御されるべき食欲がコントロールできなくなり、前頭葉ばかりで食欲を制御するため異常思考が起こります。


まずは何が原因で摂食障害という症状が出ているのかを正確に問診することが極めて重要です。

診断テストも併用しますが何度も会話の中で問診していかないとテストや簡単な問診だけでは奥に潜んでいる根本原因は見つけにくいことと思います。


次にこの根本原因が分かれば治療計画です。

血流障害と脳機能障害は丹田呼吸法と医療気功により大幅に改善できます。


ストレスや機能不全家族、アダルトチルドレン、完璧主義等は心理療法により回復できます。

心理療法ではカウンセリング、自律訓練法、瞑想法、筋弛緩法、認知療法、行動療法、夢分析、バウムテスト、家族セッション、ランチセッション等を応用して治療していきます。


これら治療法をその方に合ったやり方で組み合わせていくことで短期で確実に回復していきます。

ただどの治療法も技術の高い方でないと例え組み合わせたとしても効果は薄いと思います。


この病気は患われている患者さん自身も軽く考えてしまい、いつか自然に治るのではないかと考えて、それがさらに悪化させていく方も多く見受けられます。


どの病気もそうですが早期発見早期治療がこの摂食障害にも言えると思います。

永く患うほど治療に時間もかかり治療の難易度も高くなります。
posted by こころの相談室 at 21:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

摂食障害

摂食障害は2種類に大きく大別されています。
拒食症(神経性無食欲症)と過食症(神経性大食症です。

○拒食症 神経性無食欲症

特徴は痩せているのに,まだ太っていると思い,さらに痩せたいという願望を抱いているのが特徴です。
俗に言う拒食症です。

○過食症 神経性大食症

俗に言う過食症です。無茶食いを繰り返します。
体重の増加を防ぐため、自己誘発嘔吐、下剤、浣腸 絶食 過剰な運動などを代償行為として行います。
これらの原因については,遺伝や成長過程の家庭環境、脳機能障害などが関係していると考えられます。
また、社会的文化的に太ることへの恐怖感や,歪んだボデイーイメージもあるようです。
 
摂食障害と、その他の精神病と併発しているケースも多く見受けられます。
向精神薬の副作用として過食、拒食が症状として表出しているケースも多くあります。
主たる障害の症状なのか、薬から来る副作用なのか厳密に判断していかなくてはいけません。

○摂食障害の原因と経過

摂食障害の原因として機能不全家族や虐待、過干渉、共依存、いじめ、間違った教育、ストレスと言った事が原因でアダルトチルドレンとなり、ダイエットがきっかけで発症するケースが最も多いです。
最初は軽い気持ちで始めたダイエットが成功し、痩せていくことが快感になり、過度なダイエットから拒食になります。
拒食になると、必要な栄養分が脳や体に供給されなくなり、異常思考や身体の異常が起こってきます。
異常思考は、「もっと痩せていたい」といった間違ったボディーイメージが、脳に長期記憶として固定化されます。
また、イライラや怒りや悲しみと言った感情コントロールが難しくなり、意欲も減退し、自暴自棄となり自傷行為や希死念慮が出てくる事もあります。
身体的な問題としては、生殖機能が異常となり不生理となることが多いです。
又、必要な栄養分が不足しているため、内臓を中心に機能が減退し、様々な病気を併発するリスクが高くなります。
この段階を経過すると次は過食衝動が起き、食欲が暴発し自身ではコントロール不能な状態となります。
このため体重が著しく増加するため、自己誘発嘔吐、下剤の乱用、過度な運動等で回避行動を行うようになります。
過食衝動は一進一退を繰り返しながら、徐々に悪化することが多く10年20年と言ったスパンで長期にわたり悪化していくケースが多いです。
症状を経年する中、脳の機能障害が深刻な状態となり、視床下部、海馬、線条体、扁とう体と言った脳部位の機能が障害を受け、不安感や恐怖感、猜疑心、自己嫌悪と言った感情が表出し、社会的活動、特に対人関係に支障をきたすケースが多いです。

○摂食障害の治療法

一般的な治療法としては、薬物療法やカウンセリング、入院治療が代表的ですが、これらの治療法では現状良好な回復が出来ない事が多いです。

これからの摂食障害の治療法としては、心理療法と古来より伝わる呼吸法や気功、坐禅と言った伝統養生法を組み合わせた治療法が、重要な位置を占めると思います。

心理療法では、カウンセリングを中心に、問題となる物事の考え方や行動を改善していき、伝統養生法では脳の機能障害と血流障害、気の停滞を呼吸の改善と医療気功や坐禅で全体のバランスを回復していきます。
posted by こころの相談室 at 10:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

うつ病チェック

うつ病調査表BDI テストをもとに、現在の抑うつ度をチェックすることが出来ます。

この BDI テストは、初めて認知行動療法理論を始めた、アメリカのペンシルバニア大学の精神科医アーロン T ベック博士によって考案されたもので、抑うつの程度を客観的に測る自己評価表です。定期的に BDI テストを行うことによって、自分自身の気分の傾向を数値として測定します。
自分自身を客観的に見つめることができ、うつ病判定のひとつとして利用できます。

判定方法

各項目をよく読んで頂き、最近 2、3 日のあなたの気分に一番近い答えのボタンを押します。21 の全ての項目に答えます。

判断に迷う設問の場合、感覚的に一番近いものを選びましょう。

BDI テスト

A
1 憂うつではない
2 憂うつである
3 いつも憂うつから逃れることができない
4 耐えがたいほど、憂うつで不幸である


B
1 将来について悲観してはいない
2 将来について悲観している
3 将来に希望がない
4 将来に何の希望もなく、良くなる可能性もない


C
1 それほど失敗するようには感じない
2 普通より、よく失敗するように思う
3 過去のことをふりかえれば、失敗のことばかり思い出す
4 人間として全く失敗だと思う


D
1 以前と同じように満足している
2 以前のようにものごとが楽しめなくなった
3 もう本当の意味で満足することなどできない
4 何もかもうんざりする


E
1 罪の意識など感じない
2 ときどき罪の意識を感じる
3 ほとんどいつも罪の意識を感じる
4 いつも罪の意識を感じる


F
1 罰を受けるとは思わない
2 罰を受けるかもしれない
3 罰を受けると思う
4 今、罰を受けていると思う


G
1 自分自身に失望してはいない
2 自分自身に失望している
3 自分自身にうんざりする
4 自分自身を憎む


H
1 他の人より自分が劣っているとは思わない
2 自分の欠点やあやまちに対し批判的である
3 自分の失敗に対していつも自らを責める
4 何か悪いことが起こると、自分のせいだと自らを責める


I
1 自殺しようと全く思わない
2 死にたいと思うことはあるが、自殺を実行しようとは思わない
3 自殺したいと思う
4 チャンスがあれば自殺するつもりである


J
1 いつも以上に泣くことはない
2 以前よりも泣く
3 いつも泣いてばかりいる
4 以前は泣くことができたが、今はそうしたくても泣くこともできない


K
1 イライラしていない
2 いつもより少しイライラしている
3 しょっちゅうイライラしている
4 現在はたえずイライラしている


L
1 他の人に対する関心を失っていない
2 以前より他の人に対する関心がなくなった
3 他の人に対する関心をほとんど失った
4 他の人に対する関心を全く失った


M
1 いつもと同じように決断することができる
2 以前より決断をのばす
3 以前より決断がはるかに難しい
4 もはや全く決断することができない


N
1 以前より醜いとは思わない
2 老けて見えるのでないか、魅力がないのではないかと心配である
3 もう自分には魅力がなくなったように感じる
4 自分は醜いにちがいないと思う


O
1 いつもどおりに働ける
2 何かやり始めるのにいつもより努力が必要である
3 何をやるのにも大変な努力がいる
4 何をすることもできない


P
1 いつもどおりよく眠れる
2 いつもよりも眠れない
3 いつもより 1 〜 2 時間早く目が覚め、再び寝つくことが難しい
4 いつもより数時間も早く目が覚め、再び寝つくことができない


Q
1 いつもより疲れた感じはしない
2 以前より疲れやすい
3 ほとんど何をやるのにも疲れる
4 疲れて何もできない


R
1 いつもどおり食欲はある
2 いつもより食欲がない
3 ほとんど食欲がない
4 全く食欲がない


S
1 最近それほどやせたということはない
2 最近 2 kg 以上やせた
3 最近 4 kg 以上やせた
4 最近 6 kg 以上やせた


T
1 自分の健康のことをいつも以上に心配することはない
2 どこかが痛いとか、胃が悪いとか、便秘など自分の身体の調子を気遣う
3 自分の身体の具合のことばかり心配し、他のことがあまり考えられない
4 自分の身体の具合のことばかり心配し、他のことを全く考えられない


U
1 性欲はいつもとかわりない
2 以前と比べて性欲がない
3 性欲がほとんどない
4 性欲が全くない




AからUまでの右数字を合計した数字が分析点数となります

分析点数
うつ状態のレベル

0 〜 10
落ち込みは正常範囲です。憂うつな状態です。
気分転換をしたり、信頼できる友人と時間を共にすると良いでしょう。

11 〜 16
軽いうつ状態です。危険信号です。
悩みごとがある場合、信頼できる友人に相談するか、専門家に相談しても良いでしょう。

17 〜 20
臨床的な意味でのうつ状態との境界です。専門家の治療が必要です。

21 〜 30
中程度のうつ状態です。専門家の治療が必要です。

31 〜 40
重いうつ状態です。専門家の治療が必要です。

40 以上
極度のうつ状態です。専門家の治療が必要です。
posted by こころの相談室 at 19:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

摂食障害チェック

摂食障害テストSRSED


日本で開発されたSRSEDというチェックリストです。
拒食・過食のどちらにも適用でき,摂食障害全般について調べることができます。

*質問には深く考えずに順番にお答えください

質  問

いつも4点  しばしば3点  時々2点  まったくない1点


01 いやなときや、つらいときに、たくさん食べてしまいますか
02 まる1日、全く食事を取らないことがありますか
03 食事に関する問題で、仕事や学校にさしつかえがでていますか
04 毎日の生活が、食べ物のことについやされてしまっていますか
05 食べ出したら止められず、おなかが痛くなるほど無茶食いをしたことがありますか
06 食べ物のことで頭がいっぱいですか
07 自分の食習慣を恥ずかしいと思いますか
08 食べる量をコントロールできないのではないかと心配になりますか
09 無茶食いをするために、はめを外してしまいますか
10 食べ過ぎたあと、後悔しますか
11 あなたがもっと食べるよう、家族が望んでいるように思いますか
12 みんなから痩せていると言われますか
13 みんなが少しでも多くあなたに食べさせようとしますか
14 体重が増えすぎるのではないかと心配をしますか
15 下剤を使っていますか
16 食べたカロリーを使い果たそうと一生懸命に運動していますか
17 いつも胃の中を空っぽにしておきたいと思いますか
18 食後、おう吐したい衝動にかられますか
19 体重が増えるのが恐いと思いますか
20 あなたは体重にとらわれ過ぎていると思いますか
21 みんなから非常に痩せていると思われていますか
22 食後、おう吐しますか(吐き出す)
23 普通にご飯を食べた後でも、太った気になりますか
24 少しでも体重が増えると、ずっと増え続けるのではないかと心配になりますか
25 自分は役に立つ人間でみんなに必要だと思われていると思いますか
26 この頃、異性に対して関心がなくなりましたか
27 非常に多くの量を無茶食いしたことがありますか
28 (27の続き)......もしそうなら、その時みじめな気持ちになりましたか


右の数時1,4,5,6,7,8,9,11,12,13,21,27の答えの合計値を計算してください


合計点数が出たら,評価表にあてはめ判定してください。
あくまで簡易テストですので、この解答をもとに問診していきます

 
評価 摂食障害の見方
 
0 〜 22 正常

23以上 摂食障害である可能性が大きいと考えられます
posted by こころの相談室 at 18:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会不安障害テスト

社会不安障害テスト

社会不安障害の診断基準として、DSM-IV-TRとICD-10が、また重症度の評価にはLSAS(Liebowitz Social Anxiety Scale)がしばしば用いられます。
DSM-IV-TR

米国精神医学会による診断基準です。その苦痛の強さや生活への支障の程度によって診断され、多くの国で広く用いられています。

A〜Hの8つの項目にどれだけ当てはまっているかを調べます。


A.よく知らない人達の前で他人の注視を浴びるかもしれない社会的状況または行為をするという状況の1つまたはそれ以上に対する顕著で持続的な恐怖。


その人は、自分が恥をかかされたり、恥ずかしい思いをしたりするような形で行動(または不安症状を呈したり)することを恐れる。

注:子供の場合は、よく知っている人とは年齢相応の社会関係をもつ能力があるという証拠が存在し、その不安が、大人との交流だけでなく、同年代の子供との間でも起こるものでなければならない。


B.恐怖している社会的状況への暴露によって、ほとんど必ず不安反応が誘発され、それは状況依存症、または状況誘発性のパニック発作の形をとることがある。

注:子供の場合は、泣く、かんしゃくを起こす、立ちすくむ、またはよく知らない人と交流する状況から遠ざかるという形で、恐怖が表現されることがある。


C.その人は、恐怖が過剰であること、または不合理であることを認識している。

注:子供の場合、こうした特徴のない場合もある。


D.恐怖している社会的状況または行為をする状況は回避されているか、またはそうでなければ、強い不安または苦痛を感じながら耐え忍んでいる。


E.恐怖している社会的状況または行為をする状況の回避、不安を伴う予期、または苦痛のために、その人の正常な毎日の生活習慣、職業上の(学業上の)機能、または社会活動または他者との関係が障害されており、またはその恐怖症があるために著しい苦痛を感じている。


F.18歳未満の人の場合、持続期間は少なくとも6ヵ月である。


G.その恐怖または回避は、物質(例:乱用薬物、投薬)または一般身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではなく、他の精神疾患(例:広場恐怖を伴う、または伴わないパニック障害、分離不安障害、身体醜形障害、広汎性発達障害、またはスキゾイドパーソナリティ障害)ではうまく説明されない。


H.一般身体疾患または他の精神疾患が存在している場合、基準Aの恐怖はそれに関連がない、例えば、恐怖は、吃音、パーキンソン病の振戦、または神経性無食欲性または神経性大食性の異常な食行動を示すことへの恐怖でもない。




ICD-10



WHO(世界保健機関)編の『精神および行動の障害』による診断基準です。

生活機能に対する障害の程度の基準が入れられていないという点で異なりますが、その他はDSM-IV-TRとほとんど同じです。

確定診断のためには、以下のすべての基準が満たされなければならない。


(a)心理的症状、行動的症状あるいは自律神経症状は、不安の一次的発現であり、妄想あるいは強迫思考のような他の症状に対する二次的なものであってはならない。


(b)不安は、特定の社会的状況に限定されるか、あるいはそこで優勢でなければならない。


(c)恐怖症的状況を常に可能な限り回避しようとする。


[鑑別診断]

広場恐怖やうつ病性障害は、しばしば顕著となり、両者とも患者を「家にこもりきり」にすることがある。

社会恐怖と広場恐怖の鑑別が非常に難しい場合は、広場恐怖を優先すべきである。

完全な抑うつ症状が明確に同定できなければ、うつ病の診断をくだすべきではない。





LSAS−J



社交不安障害の症状の重症度や治療の効果を評価する尺度としてLSAS(Liebowitz Social Anxiety Scale)が広く使用されており、日本語版はLSAS-J(エルサス-ジェイ)と呼ばれています。

LSASは社交不安障害の患者さんが苦手な行為(13項目)と社交場面(11項目)からなり、それぞれの項目に対してどれだけ恐怖や不安を感じるか、どれだけ回避するかの程度を0〜3の4段階で評価し、その合計点(0〜144点)を評価します。 

この調査票では、以下の24の項目の質問について、それぞれ恐怖の程度と回避の頻度を回答する。

(『恐怖感/不安感』と『回避』の度合いに最もよく当てはまる番号を項目ごとに1つだけ選ぶ)

≪『恐怖感/不安感』0:全く感じない 1:少しは感じる 2:はっきりと感じる 3:非常に強く感じる≫

≪『回避』0:全く回避しない 1:回避する(確率1/3以下) 2:回避する(確率1/2程度) 3:回避する(確率2/3以上)≫


1、人前で電話をかける
2、小人数のグループ活動に参加する
3、公共の場所で食事する
4、人と一緒に公共の場所でお酒(飲み物)を飲む
5、権威ある人と話をする
6、観衆の前で何か行為をしたり話をする
7、パーティーに行く
8、人に姿を見られながら仕事(勉強)する
9、人に見られながら字を書く
10、あまりよく知らない人に電話する
11、あまりよく知らない人たちと話し合う
12、まったく初対面の人と会う
13、公衆トイレで用を足す
14、他の人たちが着席して待っている部屋に入っていく
15、人々の注目を浴びる
16、会議で意見を言う
17、試験を受ける
18、あまりよく知らない人に不賛成であると言う
19、あまりよく知らない人と目を合わせる
20、仲間の前で報告をする
21、誰かを誘おうとする
22、店に品物を返品する
23、パーティーを主催する
24、強引なセールスマンの誘いに抵抗する



評価のめやす(総得点0〜144点)
約30点
境界域

50−70点
中等度

80−90点
さらに症状が顕著、苦痛を感じるだけでなく、実際に社交面や日常生活に障害が認められる

95−100点以上
重度
働くことができない、会社にいけないなど社会的機能を果たすことができなくなり、活動能力がきわめて低下した状態に陥っている
posted by こころの相談室 at 12:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。