2014年04月01日

過食症を呼吸法で治す

丹田呼吸法は江戸中期 の禅僧、白隠禅師により紹介され、臍下(せいか)丹田呼吸法とも言われています。

白隠禅師やその弟子たちが修行や精進の励み過ぎで禅病を患いました。

今で言う、ストレス障害やうつ病や不安障害です。

白隠禅師は仏教から来る呼吸法を取り入れ、この禅病を完治させたと言う呼吸法がこの丹田呼吸法です。

現代でもこの丹田呼吸法は様々な分野で応用されています。

精神病を筆頭に様々な身体的な病気にも効果があります。

この丹田呼吸法を修得されることで抑うつ気分、不安感や恐怖感、焦燥感、異常食欲、希死念慮、幻聴や幻覚等様々な精神病の症状に効果が期待出来ると思います。

まず、精神病を患われている方の多くは胸式呼吸になっており、

且つ呼吸の幅が非常に狭くなっている方が多いことが分っています。

この事から血流や血中酸素が不足し、もっともこれらが必要とする脳に血液、酸素が供給しにくくなっています。

特に原始脳である脳幹、間脳、中脳、橋、視床下部、下垂体、海馬等まで十分な血液や酸素が行き渡らず、大脳である前頭葉ばかりが活動するため異常思考が起こり様々な精神病の症状が出てくると考えられます。

この場合まずは胸式呼吸の幅を広くします。具体的には1日何回か肺に目いっぱい呼吸を吸いゆっくり息を吐ききる練習をされるといいでしょう。

数週間して肺活量が大きくなったことが自覚できましたら、次に腹式呼吸を練習します。

具体的には、息を吸うときに大きくお腹を膨らまし吐くときにはゆっくりお腹を凹ませていきます。

慣れるまで違和感があるかもしれませんが、数週間のうちには普段でも意識せず出来るようになると思います。

次に丹田呼吸です。

この丹田はおへその下3センチから9センチの所にあり

この丹田に意識を持っていき腹式呼吸のスタイルで、丹田で呼吸をするイメージです。

この丹田呼吸法は吐く息に意識を集中してゆっくり吐ききるようにします。

吸う息は吐ききると自然に息が入ってくると思います。

吸う息を頭の頭上まで上げるイメージを持っていき、吐くときにゆっくり下へ降ろしていき丹田に収めます。

段階を経て練習をすれば誰にでもできる呼吸法です。

この丹田呼吸法を内観の法といいます。

また、丹田呼吸法のもう1つの要、軟酥の法をお伝えします。

この法は内観の法をしながら頭上に滋養豊かな卵の卵黄を置くイメージをします。

この卵黄は全ての細胞をきれいにし、蘇らせてくれるというイメージをしっかり持ちます。

この卵黄を呼吸と一緒に脳、目、鼻、首、肩、胸、内臓、足と流していき足の裏で出します。
posted by こころの相談室 at 15:32| 過食症|拒食症の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

摂食障害ダイエット

 摂食障害ダイエット

摂食障害では過食により摂取カロリーオ-バーとなるため低カロリー食品や嘔吐や下剤、運動と言った方法で調整しておられる方も多いと思います。

しかし偏った食品の摂取や嘔吐、下剤使用や過度な運動などは身体的精神的負担も大きくお薦めできるダイエット法ではないと思います。

これまでの記事でもご紹介している医療気功や心理療法、呼吸法により脳の食欲中枢を正常化することで食欲自体は健康なものとなりますが、太らない体質づくりやダイエットとしてもとても効果があります。

日頃在宅治療や集中治療の患者さんに実技指導している方法ですが、逆腹式呼吸法と気功ストレッチなどです。
毎日10分ぐらい行うだけで効果は強く出る事と思います。

食欲自体を健康に戻してあげる事はもちろんですが、太らない体質や太ってしまったダイエットも大切であると思います。


■摂食障害無料相談ができます

パソコン用  携帯用

ブログ
http://blog.goo.ne.jp/ruemurasun
ダイエット
http://seisinbyou.heteml.jp/
posted by こころの相談室 at 08:18| 過食症|拒食症の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

摂食障害を自分で治す

摂食障害を自分で治す

摂食障害はストレスや完璧主義、機能不全家族、アダルトチルドレン、過干渉、血流障害や気の停滞、脳機能障害、遺伝など必ず根本となる原因があります。
この根本原因が、何気なく始めたダイエットをきっかけに摂食障害と言う病気を発症させることが分かっています。

摂食障害は癖や性格と捉えがちな病気でありながら、精神的にも身体的にも大きなリスクのある病気でもあります。

いつか何かのきっかけで治らないか、色々なことを努力して治せないかと皆さんご苦労されますが、結果は長期に一進一退を繰り返し悪化していくケースが多いと思います。


この病気は適切な治療をすれば回復できる病気でありながら、現代医学では回復が困難であると言う事も事実かと思います。

適切な治療とは古来より伝わる養生法と心理療法です。

伝統養生法は呼吸法や医療気功と言った古来からある伝統的な先人の知恵を生かし、心理療法は認知療法、行動療法、自律訓練法等を組み合わせた回復方法です。

これらを取り組む事で、ご自身が本来持つ自然治癒力を信じ高め、心理療法により食に対する認知を健康的なものへと改善することで回復が強く期待できると思います。


◆無料相談ができます

こころの相談室公式ホームページ|精神病総合支援サイト


精神病ネット

パソコン用 
http://kasyoksyou.com/

携帯用 

http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/keitai/index.html



http://seisinbyounet.jugem.jp/
タグ:摂食障害
posted by こころの相談室 at 08:27| 過食症|拒食症の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

過食嘔吐

過食嘔吐
 

過食嘔吐とは、異常なほどに大量に食べ物を食べ、吐き出すという行為。大体の過食嘔吐者は指を口の中に突っ込んで吐き出す。水を大量に飲む事で吐き出す事もある。
 
原因は精神的ストレスや、「痩せたい」という美的願望からおこるものと考えられている。とても痩せている人でも、本人は太っていると思い込み周囲の意見を全く受け付けようとしない。周囲には一種の強迫観念に取りつかれているように見える。もちろん本人には自覚がない。この行為を続けていると摂食障害を引き起こす恐れもある。 病気として扱う場合には過食嘔吐症と言う事もあるが、正式に認められた病名ではない。一般には自己誘発性嘔吐を伴う過食症として扱われる事が多い。過食をするために嘔吐をするタイプもあれば、嘔吐するために過食をする場合など、症状を引き起こすバックグラウンドが様々な様に、症状も細分化される。
 


こころの相談室では、心理療法であるカウンセリングや認知療法、行動療法、瞑想法、自律訓練法、心理分析テスト等を駆使し、また東洋医学では気功、呼吸法、中国鍼灸、整体等を組み合わせた治療に取り組んでいます。
 
摂食障害はストレスや完璧主義、機能不全家族、アダルトチルドレン、血流障害や気の停滞、脳機能異常など必ず根本となる原因があります。
 この根本原因を突き止め患者さんに合った治療計画を構築し患者さんと共に病気の回復を目指します。
 

◆無料相談ができます
 こころの相談室公式ホームページ|精神病総合支援サイト
精神病ネット

パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html

posted by こころの相談室 at 08:30| 過食症|拒食症の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

食欲をコントロールする

 
食欲をコントロールする

食欲をコントロールしているのは脳の視床下部です。

食欲、性欲、不安や恐怖感、睡眠、ホルモンなどをつかさどっている脳部位です。


この摂食中枢がストレスや思考等の影響で脳機能障害となり食欲が制御できなくなり過食や拒食になると考えています。


こころの相談室では摂食障害の場合、この脳部位を中心に医療気功をし食欲を正常な状態に戻してあげる施術を行っています。


医療気功や気功ストレッチといい多回復方法で、脳機能障害は改善し食欲は正常な状態に戻ります。


◆精神医療専門家による相談ができます


こころの相談室公式ホームページ|精神病総合支援サイト

精神病ネット

パソコン用 

http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用 

http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html

問合せ相談(無料)

http://form1.fc2.com/form/?id=548056
タグ:摂食障害
posted by こころの相談室 at 20:19| 過食症|拒食症の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。