2015年06月10日

摂食障害はなぜ再発しやすいのか

摂食障害は、一時症状が何かのきっかけや努力により症状が治まったように思われる時があります。
しかし、ストレスな事が起きると、また再発してしまうと言うことが多く、この事を繰り返し経年していく方が多いように思います。

これは完治ではなく停止状態であり脳機能障害や血流障害、気の停滞など問題となる原因が改善していないことから起こると考えています。

症状を一時停止させることだけではなく、脳や体全体のバランスを整え健康な状態に戻してあげることも大切ではないでしょうか。
posted by こころの相談室 at 11:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。