2014年03月27日

摂食障害の治療

摂食障害の方を治療する場合、食に対する考え方の修正も大切ですが、脳の機能障害も多く原因となっているケースがあると思います。

摂食中枢である脳の視床下部という所があります。
この部分の脳の機能が異常を起こすことから食欲が異常になり過食や拒食を引き起こしているケースが多くあります。

またこの視床下部は不安や恐怖感をコントロールしている脳でもあり、この部分の脳が機能障害を起こしていると過食や拒食と不安感、恐怖感が混在して現れるケースが多いです。

また、視床下部は性欲もつかさどっており性に関しても異常思考が見受けられるケースがあります。

また、視床下部は下垂体と関係してホルモンバランスをつかさどっており不生理や生理不順などといった症状も併発する事もあります。

過食症や拒食症の治療にはカウンセリングによる食に関する認知の修正は欠かせませんが、同時に医療気功や呼吸法、中国鍼灸の頭針通電療法による脳の機能障害も治療するといいと思います。

稀に抗不安薬を頓服程度に採用する事もありますが、あくまで対症療法となりますので、例えますに、痛み止めを打っている間に根治療法をするといった感じかと思います。

カウンセリングは精神病専門で摂食障害の完治歴のある方でないと癒されただけで完治は難しいと思います。

気功師と鍼灸師は精神病に精通した経験豊富な熟練者でないとかえって悪化することがあります。

軽度の方、病歴が浅い方であれば半年以内、中度、重度の方でも1年ぐらいで完治まで回復できると思います。

過食、嘔吐、下剤使用、チューイングと言った症状自体は3,4ヶ月で停止すると思います。

摂食障害はいつか自然に治らないかと思い長期化し、さらに悪化しているケースが多いです。
早期発見早期治療がとても大切ではないでしょうか。

こころの相談室では、心理療法であるカウンセリングや認知療法、行動療法、瞑想法、自律訓練法、心理分析テスト等を駆使し、また東洋医学では医療気功、呼吸法、中国鍼灸、整体等を組み合わせた治療に取り組んでいます。

摂食障害はストレスや完璧主義、機能不全家族、アダルトチルドレン、血流障害や気の停滞、脳機能異常など必ず根本となる原因があります。

この根本原因を突き止め患者さんに合った治療計画を構築し患者さんと共に病気の回復を目指します。

まずは,ご自身に最も適応した治療法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

病気の回復に向け一歩前へ勇気を持って進みましょう。

posted by こころの相談室 at 13:54| 過食症:摂食障害の治療回復方法 |過食症心理療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。