2012年01月20日

むちゃ食い障害

むちゃ食い障害


むちゃ食い障害とはとにかく食べる摂食障害の事である。

DSM-IV-TR、すなわち米国精神医学会の診断のマニュアルの最新版では神経性食欲不振症・不完全型、反復性(習慣性)嘔吐症などとともに特定不能の摂食障害の一つとして述べられている。


過食症と異なるのは過食症が嘔吐や下剤使用など代償行為を行うのに対し、むちゃ食い障害ではそれがない点である。

そのために過食症を患っている人と違い太っている人が多い。

やや女性に多いと言われているが、拒食症や過食症と比べると男女比がそれほど大きくはないとされている。

精神的合併症としては、大うつ病、パニック障害、物質使用障害、境界性人格障害などとの合併率が高い。



こころの相談室では、心理療法であるカウンセリングや認知療法、行動療法、瞑想法、自律訓練法、心理分析テスト等を駆使し、また東洋医学では気功、呼吸法、中国鍼灸、整体等を組み合わせた治療に取り組んでいます。


摂食障害はストレスや完璧主義、機能不全家族、アダルトチルドレン、血流障害や気の停滞、脳機能異常など必ず根本となる原因があります。

この根本原因を突き止め患者さんに合った治療計画を構築し患者さんと共に病気の回復を目指します。


まずは,ご自身に最も適応した治療法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

病気の回復に向け一歩前へ勇気を持って進みましょう。


◆無料相談ができます

こころの相談室公式ホームページ|精神病総合支援サイト

精神病ネット

パソコン用 

http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net


携帯用 

http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html
タグ:摂食障害
posted by こころの相談室 at 21:49| 過食症治療の臨床 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。