2011年07月12日

過食症治療の臨床

過食症治療の臨床

日頃過食症の治療をさせて頂く中で何点か特徴があるように感じています。

過食症は意識の問題でいつかきっかけがあれば自然に治るのではないかと考えられている方がとても多いようにも感じます。

確かに発症初期であれば自然治癒も考えられますが、現実は一向に良くなるどころか徐々に悪化していき長期化しているケースが多いと思います。

過食症は世界医療基準であるICD10、DSMにおいても摂食障害として指定された精神病であると言えます。

やはり早期発見早期治療がどの病気もそうですがとても大切であると思います。

又、長期に患われている方はホルモンバランスが崩れたり、生殖機能の異常、歯が溶けていくと言った身体的なダメージも多くなっていると思います。

やはり1日も早い過食症専門治療をお勧めします。



こころの相談室公式ホームページ精神病ネットにて精神医療専門家による過食症回復相談(無料)ができます

精神病ネット

パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net

携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html

posted by こころの相談室 at 09:59| 過食症治療の臨床 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。