2011年03月01日

ドメスティック・バイオレンス |DV

ドメスティック・バイオレンス |DV

「ドメスティック・バイオレンス」(domestic violence、以下DVと記述)とは、同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことである。近年ではDVの概念は同居の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般を指す場合もある。英語「domestic」は「家庭の」という意味なので日本語の「家庭内暴力」と同義に捉えようとする誤解も存在するが、英語では日本語の家庭内暴力にあたる語はFamily Violenceと表現され使い分けられている。英語ではDVは"intimate partner violence" (IPV)と同義に使われる。よってTVニュース等で「DV=夫婦間暴力」と説明することは間違いではない。[1]またこのため、児童虐待をDVに含めるのは間違いである。

概要

近親者に暴力的な扱いを行う行為・ないしは暴力によって支配する行為全般を、このように呼ぶが、ここでいう虐待には以下の種類がある。

身体的虐待
一方的な暴力行為。

精神的虐待
恫喝したり日常的に罵る・無視する・無能役立たずと蔑む・他人の前で欠点をあげつらう・友人と会わせない・終始行動を監視する・出て行けと脅す・別れるなら死ぬと狂言自殺する・子供や身内を殺すなどと脅す・ペットを虐待してみせる。靴下、素足を近づけるなど。ストレスとなる行為を繰り返し行う。

性的虐待
性交の強要・避妊をしない・特別な行為を強要する・異常な嫉妬をする、など一方的な行為で、近親間強姦とも呼べる。中絶賛成派は中絶をさせないこともこの中に含まれるとしている。

経済的暴力
仕事を制限する・生活費を入れない・家の金を持ち出す・無計画な借金を繰り返す・買い物の指図をする・クレジットカードの家族カードをはさみで切る、など。

社会的隔離
近親者を実家や友人から隔離したがる・電話や手紙の発信者及び内容を執拗に知りたがる・外出を妨害する、など。

一般的に暴力を好意的に受け止める人間は極めて限定的であるという考えから、DVの被害に対して別れればよい、付き合わなければよいという単純な解決法を提示する人もいるが、基本的にDVにおいて重要なのは単純な暴力行為だけではなく、暴力の合間に見せる僅かな見せ掛けの「優しさ」による被害者の加害者に対する信頼の再生産が重要であり、これが被害者と加害者のDV関係を修復・強化する重要な要素になる。DVの解決において加害者のみならず被害者にもカウンセリング等の対処が必要となる所以はこの点にある。

また、こうした暴力・虐待行為の現場に子供が居合わせることがある。子供に暴力を見せつけることも、被害者と子供双方に対する虐待である。子供のいる家庭で暴力事件が発生した場合、約七割の家庭で虐待を受ける母親を子供が目撃し、さらに、その三割が、実際に父親などからの暴力を受けていることが報告されている。

このDVはDVをする当事者もしくは被害者において精神病、人格障害が根底にあることが多いと思われる。

また被害者、その子供がDVが原因で精神病になる事も多いと考えられる。
症状としては抑うつ気分や不安恐怖感、過食やリストカットなど多岐にわたる。

精神病ネット公式ホームページ
パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net
携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html
WikipediaFree encyclopedia
posted by こころの相談室 at 14:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭内暴力と精神病

家庭内暴力と精神病

家庭内暴力(かていないぼうりょく)とは、家庭内で起こる暴力行為。配偶者による暴力(夫から妻へ・妻から夫へ)のほか、親から子へ(児童虐待)、子から親へ、長子から下の子へ、孫から祖父母へといった、さまざまなパターンがある。家族内という閉じた人間関係の中で行われるので外部からは見えにくく、まして犯罪として発覚はしにくいことが多い。

以前は親が子に対して振るう暴力は「しつけ」と夫が妻に振るう暴力は「夫婦喧嘩」(あるいは痴話喧嘩)ととらわれていたことも関係して子とくに男子が身体的成長後に親に対して振るう暴力をさした。近年はパートナー(配偶者、恋人、内縁など)への暴力は英語から引用したドメスティックバイオレンス(DV)(英語で家庭内暴力の意味。これが夫が妻に振るう暴力に限定されて使われているのは、この手の暴力が英語圏の家庭内暴力で特に顕著であったからである。)。親から子に対するもので、しつけの枠を明らかに超えるものは児童虐待と呼ぶ。このような認識の変遷を受けて学術的には家庭内暴力とは家庭内で起こるすべての暴力行為をさす。さらに場合によっては、単に身体的暴行に限らず、暴言、支配、恫喝、ストーキング行為などの加害を含む概念で、しばしば性的な暴力、レイプを含む場合もある。

原因として、ストレス、発達障害、精神病、人格障害、引きこもりといった内的要因と、飲酒、薬物使用、非行、失業、高齢者介護疲れといった外的要因との複合など、実にさまざまである。

当事者は原因を性格から来るものと考えることが多いが精神病や人格障害といった病気が内在していることが多い。

精神病ネット公式ホームページ
パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net
携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html
WikipediaFree encyclopedia
posted by こころの相談室 at 14:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童虐待と精神病

児童虐待と精神病


児童虐待(じどうぎゃくたい、Child Abuse、Maltreatment、Cruelty to Children)は、子どもに対する虐待である。アメリカ疾病予防管理センターは「児童に実際の危害をあたえる、危害の可能性にさらす、または危害が及ぶという脅しをすることに帰着する、その児童の両親あるいは保護者による単発あるいは連続した行為または不作為」と定義する。


歴史

イギリスで1884年に、民間組織として児童虐待防止協会(Society for Prevention for Cruelty to Children)が設立され、その後、全国児童虐待防止協会( National Society for Prevention of Cruelty to Children)となる。1960年、フランスの歴史学者フィリップ・アリエスが『〈子供〉の誕生』(こどものたんじょう、仏: L'Enfant et la Vie familiale sous l' Ancien Regime)を発表する。1960年代にアメリカで医師ケンプが「児童虐待症候群(Battered Child Syndrome)」を指摘する。

日本では、2000年、「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」を制定した後、2004年には同法を改正し、「関係省庁相互間その他関係機関および民間団体の間の連携の強化、民間団体の支援その他」を行ない、児童虐待の防止等のために必要な体制の整備に努めなければならない旨を明文化する。

法的定義
日本では児童虐待防止法で、「保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう)がその監護する児童(18歳に満たない者)に対し、次に掲げる行為をすること」と定義し、以下の行為を列挙する。

身体的虐待
児童の身体に外傷が生じ、または生じるおそれのある暴行を加えること。例えば、一方的に暴力を振るう、殴る、蹴る、食事を与えない、冬は戸外に締め出す、部屋に閉じ込める。

性的虐待
児童に猥褻行為をすること、または児童を性的対象にしたり、猥褻なものを見せること。子供への性的暴力。自らの性器を見せたり、性交を見せ付けたり、強要すること。

ネグレクト(育児放棄、監護放棄)
児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、もしくは長時間の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること。例えば、病気になっても病院に受診させない、乳幼児を暑い日差しの当たる車内への放置、食事を与えない、下着など不潔なまま放置するなど。幼稚園、保育園、保育所、学校に通わせないなど。

心理的虐待
児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。心理的外傷は、児童の健全な発育を阻害し、場合によっては心的外傷後ストレス障害 (PTSD)やアダルトチルドレン など、重大な精神疾患 の症状を生ぜしめるため禁じられている。例えば、言葉による暴力、一方的な恫喝、無視や拒否、自尊心を踏みにじるなど。

状況

日本の児童虐待相談件数は統計開始の1990年が1101、2008年は37,323である。ただしこの数値を実際に虐待が近年急増したととらえるのか、虐待の告発および発覚の件数が増えているのかは検討すべきである。

アメリカの「被虐待児童数」は約88万人(2000年)、ドイツ31,000人、フランス18,000人である。 日本では、「平成18年度に全国の児童相談所で対応した児童虐待相談対応件数は、37,323件」で、虐待内容は「身体的虐待が15,364件(41.2%)で最も多く、次いでネグレクトが14,365件(38.5%)」である。

虐待されていた児童の年齢は0 - 3未満が17.3%(6,449人)、3 - 学齢前児童が25.0%(9,334人)、小学生が38.8%(14,467人)、中学生が13.9%(5,201人)、高校生・その他が5.0%(1,872人)。性別では男児52.3%、女児47.7%で男児が若干多い。ただし性的虐待では97.1%が女児で中高校生が65.0%となり、傾向が異なる。

虐待をする者は、62.8%が実母、22.0%が実父、義父・義母は合わせて8.3%で、6割近くが実母によるものである事が分かる。1999年の統計によれば、虐待をしているのは58.0%が実母、25.0%が実父であり、義父・義母は合わせて9.3%である(残りはその他)。母の職業は3分の2が主婦・無職で、在宅型が多い。虐待者の学歴は中卒が34.3%と最も多く、大卒は2.4%であり、性的虐待では、虐待者の9割近くが中卒である。経済状況では52.5%が貧困層、普通は31.5%、裕福な層は2.6%である。

自らも虐待を受けた者の割合については、統計により9.1% - 39.6%などとなる。長谷川博一は、世代連鎖を断つことを理念として、1999年に親の治療グループ「親子連鎖を断つ会」を設立する。

被虐待児が病院を受診し、虐待を受けたと思われた場合には担当でなくとも速やかに警察に通報する義務がある。

全国児童相談所長会が一時保護に親が同意しなかった614人の児童(平均年齢8.5歳)に対して調査した所、「「生命の危機がある」38人(6.2%)、継続的治療が必要な外傷があるなど「重度の虐待」158人(25.7%)、慢性的に暴力を受けるなど「中程度の虐待」254人(41.4%)」である。同調査によると、虐待が開始されてから児童相談所が一時保護するまでの期間は、3年以上(146人、23.8%)、1年以上3年未満(124人、20.2%)、6か月以上1年未満(82人、13.4%)、1か月以上6か月未満(108人、17.6%)、1か月未満(104人、16.9%)、無回答(50人、8.1%)である[9]。

虐待死
厚生労働省の平成20年度の統計によると、64例67人の児童が虐待死している。死亡した児童の年齢は0才児が59.1%で最も多く、1歳児は14.1%で、死亡した児童の88.5%が0〜5歳、同年の統計の最年長は16才。

通常の虐待事例と同じく、加害者としては実母が最も多く59.0%で、16.4%が実父である。また望まない妊娠/計画していない妊娠が31.3%あり、10代の妊娠が22.4%である。養育者については実父母が44.8%、一人親(未婚)が19.0%、内縁関係が15.5%であった(判明したもののみ集計)。加害の動機については、「しつけのつもり」(22.7%)、「子どもの存在の拒否・否定」(11.9%)、「泣きやまないことにいらだったため」(11.4%)などがある(動機が判明しているもののみを集計)。特殊なものとしては「保護を怠ったことによる死亡」が6.0%、代理ミュンヒハウゼン症候群が4.5%、妄想などの精神症状が3.0%である。また揺さぶられ症候群による頭蓋内出血による死亡は平成18年1月から平成20年3月までの間で一件であった。

なお、平成20年度の統計では「子どもの暴力などから身を守る」、「慢性の疾患や障害の苦しみから子どもを救おうという主観的意図」などの子供の側の要因による虐待死は一件もない。

厚生労働省の平成20年度の統計によると、心中で死亡した児童は43例61人であった死亡した児童の年齢については、心中以外の場合のような極端な方よりはないものの、0歳が11.7%、1歳が6.7%、2歳が3.3%、3歳が8.3%で、3歳以下が30.0%を占めている。同年の統計の最年長は16才。主たる加害者の7割は実母で、心中以外の事例よりも実母の割合が高い。

児童の虐待死のうち、事前に児童相談所に通報が無かったものは79.5%である。

児童相談所が児童虐待をした保護者に改善指導している途中、保護者の転居により行方が分からなくなってしまった児童の数が2009年だけでも39人いる。

対策

虐待された子供の救済、保護を担当するのは、児童相談所であるが、特に緊急を要する場合は、警察がまず加害者である側から児童を引き離して保護し、しかる後に児童相談所に事態の収拾を預ける事もある。児童相談所では事案を調査し、親に対するアドバイスや援助を行ったり、児童に必要な医療措置を手配したり、必要な場合には、親権を剥奪したり児童養護施設に児童を収容したりすることもある。 2003年9月に厚生労働省は児童相談所を「児童虐待と非行問題を中心に対応する機関」とする。

児童虐待は加害者である親が精神病、人格障害を発症していることも多くあると考えられる。

被害を受けた子供も精神病や人格障害を発症するリスクは大きく、世代間連鎖においては遺伝的要因も見逃してはならない。

精神病ネット公式ホームページ
パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net
携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html
WikipediaFree encyclopedia
posted by こころの相談室 at 14:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神病の原因 |血流と血中酸素

精神病の原因 |血流と血中酸素

精神病の原因は様々に因果していることが分かってきています。
その代表的な原因の一つが脳内の血流と血中酸素濃度です。

近年光トコグラフィーという精神病を脳血流で診断する装置が東京大学より開発されこれから普及すると思われますが、この装置はうつ病や統合失調症など類似する症状から診断が難しい精神病を、脳内血流を測ることで診断ができるものです。

つまりこの装置は血流と様々な精神病をデータ化し精神病の診断ができると言うものです。

この最先端の装置からもわかるように脳内の血流が精神病に大きく因果していると言うことです。

この脳内血流が不足し十分な酸素が脳細胞に行き渡らず不安感や恐怖感、妄想や幻覚と言った様々な異常が症状として表ます。

この血流と血中酸素を健康な状態に戻すことで症状が回復することが分かっています。

精神病ネット公式ホームページ
パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net
携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html
posted by こころの相談室 at 14:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神病の原因 |気の停滞

精神病の原因 |気の停滞

精神病の原因の一つに気の停滞があります。
気というと現代医学では解明できていない部分が多くありますが、私たちは日頃、気持ち、気が重い、気が進まない、気合を入れる、気のせいなど様々に日常使っているものです。
また、生命も女性の陰の気と男性のようの気が結合し生命が宿り、気が体内から出れば死となります

気は血液、リンパ、神経と並び頚絡とツボを通じて気が全身に常に循環しています。
精神病になる原因の一つとしてこの気が円滑に循環しなくなり、また内外気も交流しにくくなって来ることから不安感や恐怖感、異常思考、妄想や幻覚幻聴といった様々な症状が出てきます。

この気の流れを健康な状態に戻してあげることで精神病が回復することが分かっています。


精神病ネット公式ホームページ
パソコン用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net
携帯用 
http://xn--o9jv71kbddnngv7w43e1wg4qh.net/sitetheme/index.html
posted by こころの相談室 at 14:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。